ワクチンくんといっしょ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 子どもにとって痛くて怖い“予防接種の注射”。この絵本では、なぜワクチンを接種するのか、その効果と接種後の過ごし方、毎日の衛生管理や健康管理の大切さを、読み聞かせでも使えるようにストーリー形式で伝えます。
  5. 読んで聞かせるなら2歳から。自分で読むなら4歳から。
  6. ■ISBN : 978-4-925258-63-0   C8747
    ■A4判変形・上製本・4色刷・32ページ
     
  7.  
  8. 監修 : 森戸やすみ (もりとやすみ)
  9. 小児科専門医。一般小児科、NICU(新生児特定集中治療室)勤務を経て、現在は、どうかん山こどもクリニック(台東区谷中)勤務。著作やWebでの連載で、医療者とそうでない人との架け橋になるような活動を心がけている。
  10.  
  11. 絵 : 近藤えり (こんどう えり)
  12. 横浜市生まれ、鎌倉市在住。日本児童出版美術家連盟会員。 2000年頃から保育雑誌、書籍などのイラストレーションを描き始める。絵本作品に、月刊絵本『なんにだって なれるぼく』『ほしのなる き ゆらゆら』(至光社こどものせかい)などがある。

    【関連商品】
    コロナウイルスのころなっちとぼく
    https://childshop.jp/product/detail/984/

商品のご購入

商品番号 販売価格(税込) 数量  
51000431
【メーカー商品コード:出版セミナー部 8553】
1,870円